発達障害と結婚

不注意優位型のADHDが、結婚できない理由7選。発達障害の特性に対処すれば大丈夫!

 ADHDの当事者さん、ご家族の方は、自分は結婚できるのだろうか?と不安に思うかもしれません。 発達障害者は結婚できないのでしょうか。 定型発達の人より、できないことが多いし、今までの学校生活でも仕事でも失敗することが多かった・・・だから...
発達障害と結婚

衝動性多動性優位型のADHDが、発達障害の特性から結婚できない理由を考える。

ADHD(衝動性多動性優位)が結婚できない理由7選 発達障害の中で、ADHDの特性が強い人が結婚できないのはどうしてでしょうか?ADHD(注意欠如・多動症)があると、結婚をするまでの過程で、どんなトラブルを招いてしまうのか、一つずつ...
発達障害と結婚

発達障害の特性から、結婚に至らない理由・離婚する理由6つ教えます

 「発達障害があるから、自分が結婚できるかどうか心配だ」という人は多いものです。 診断を受けていると、相手から選んでもらえないのではないか・・・特性の強さで人と生活をするのが難しいのではないか・・・という悩みがあるのです。 人生の大きな転...
発達障害と結婚

【発達障害】発達障害、結婚しても離婚する確率が8割の現実を紐解く。

発達障害の女性なら、結婚すればいい?そんなのウソ!現実は甘くない。  発達障害の女性は、結婚すればいい。 そんな風にいう人がいます。実際は、そう上手くはいきません。 受動型の発達障害の女性は、男性から見て「話を聞いてくれる、大人しい...
発達障害と仕事

発達障害の当事者は、仕事で行き詰っても退職するのが大変・・・

退職の流れが分からない・・・コミュニケーションが苦手な人が退職までに整理しておくべきこと。  「仕事を辞める決断をして退職へ向けて動くことがうまくできない・・・」という発達障害の当事者は多いものです。  その理由は、仕事の辞め...
未分類

発達障害者が、家族からの理解が得られないときの解決策。

発達障害の診断があっても、家族や友人からは「何ができないのか」が見えにくい。  発達障害があると、適応できる環境が限られてくるのが実情です。どんな人と働くのか、どんな内容の業務をするのかで、仕事を続けられるかが異なってくるため、自分...
ある当事者の日常

障害年金を受給できなかった発達障害者が一般就労で詰んだとき、どう生き延びるかを具体的に計算してみた。

障害年金を受給できなかった発達障害者が一般就労で詰んだとき、どう生き延びるかを具体的に計算してみた。  発達障害、生きているだけできつい。今日初めて仕事を休んだ。こんな日は、生き延びることだけを考えたい。白黒思考で、このまま休職から...
発達障害と恋愛

発達障害のある女性の特性(ASD)と、生活・仕事・結婚での困りごと3選

発達障害のある女性の特徴  発達障害のある女性は、以下のような特徴があります。ADHDの女性の特徴は、また別に述べます。  発達障害のある男女は脳の働きが似ていて共感しやすいため、恋愛関係になりやすく、結婚することも多いと言わ...
発達障害

発達障害のグレーゾーンの特徴。自分自身がグレーゾーンの場合にするべきこと3選

発達障害グレーゾーンとは、どういう人を指すのか?その特徴をまとめます。  発達障害は、はっきりと「ある」「なし」に分けることが出来ません。診断ができるのは医師だけですが、過去の生活歴や、日常生活の困り事、仕事の状況などを総合的に鑑み...
発達障害と仕事

発達障害の特性がある人が、職場にいるときの対処法5選

ちょっとおかしい・・・発達障害の特性があるかもしれない人の仕事の特徴。 近年、大人の発達障害が話題に上るようになり、「自分も発達障害かもしれない」と病院を受診する人が増えました。診断が下りる人もいれば、診断が出ない人もいますが、なか...
タイトルとURLをコピーしました