感覚過敏の発達障害者のセーターとの付き合い方・克服法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人の発達障害者に多い感覚過敏の方にとって、セーターは着にくい服ですよね。

でも、もしかしたら食わず嫌いせずに着てみると、案外着られるかもしれませんよ。

子供のころにセーターが苦手だった方も、大人になった今着てみると、感覚過敏をそこまで意識せず、普通に着ることができるかもしれません。

また、感覚過敏のある大人の発達障害者でも着られるセーターも実は売っています。
チクチクしないセーターを着てみることで、冬にもっと快適に過ごせるかもしれませんよ。

感覚過敏の方のためのセーターとの付き合い方。
少しずつ考えてみませんか?

発達障害者の感覚過敏とセーター

大人の発達障害当事者の感覚過敏とセーターとの関係について考えてみましょう。

筆者もじつは子供の頃セーターがダメでした。

感覚過敏でセーターを着れなかった私

pexels-photo-45982

自閉症スペクトラムの診断を受けている筆者。

筆者のわたしも、子供の頃、セーターを着るのがとても嫌でした。
その理由がチクチクして気持ち悪いこと。

とくに首元がチクチクして、どうしても落ち着かないのです。

ですが、大人になってから何気なくセーターを着てみたら普通に着ることができるようになったのです。

その理由としては、最近のセーターはそもそも生地がそこまでチクチクしない、ということがあると思います。
また、身も蓋もないですが、大人になるにしたがって、感覚過敏への対処法を少しずつ見につけたこともあると思います。

違和感のない生地のセーターが普通に販売されているので、暖かいセーターで冬も快適に過ごすことができますよ。

自分が食わず嫌いかどうか確かめてみよう

子供の頃、セーターが苦手だったのは大人の発達障害者にとってよくある話。

でも、もしかして子供の頃のトラウマを引きずってセーターを食わず嫌いしていませんか?

もしかすると、大人になった今、発達障害のあなたは、じつはセーターが普通に着られるかもしれないのです。

そこでおすすめするのが、まずは試しにセーターを着てみるということ。

それで感覚過敏が気にならなかったら万々歳です。

セーターやニット生地は冬に不可欠なあたたかい服。
一番寒い真冬の気温でも、とても快適に過ごすことができると思います。

感覚過敏で着れない人のためのセーター選び

もし試しにセーターを着てみて着ることができたら、子供の頃セーターを着れなかったあなたはセーターを克服したことになります。

でも、もしもチクチクが気になってやっぱりセーターが無理だったとしたら、どうすればいいのでしょうか。

大丈夫。
セーターの生地を適切に選ぶことで快適に着ることができますよ。

セーターを選ぶならユニクロ一択

大人の発達障害者が着やすいセーターを選ぶなら、正直なところユニクロのセーター一択だと思います。

ユニクロは他人と被るのが嫌、という意見もよく見ますが、むしろ現在ではユニクロは恥ずかしさを超越した完全な「定番」です。

被っても誰も気にしませんし、むしろユニクロを新品で買うことで、現在の主流のファッションを簡単に実現することができるのです。

1,000〜2,000円程度でセーターが買えるので、コスパも最高です。

2016〜2017のユニクロ男性物セーター

この記事を書いている2016〜2017年の冬。

ユニクロの安価なメンズセーターは二種類あります。

それが「ミドルゲージモックネックセーター」と、「ボイルドウールクルーネックセーター」です。
どちらも値下げされています。

uqmens1

uqmens2

さて、感覚過敏のある大人の発達障害者にとっておすすめなのは「ミドルゲージモックネックセーター」のほう。
生地が基本的にチクチクしないので、まったく気にせず着ることが可能です。

逆に「ボイルドウールクルーネックセーター」のほうは、繊維の1本1本が少しチクチクする感触があるので、感覚過敏が強い方にはすこし難しいでしょう。

ただし、どちらも実際に筆者も着ていますが、まったく感覚過敏は気になりません。

2016〜2017のユニクロ女性物セーター

それでは女性物はどうでしょうか。

女性ものについては絶対的な正解があります。

それが、「エクストラファインメリノ」のセーター。
タートルネックやVネックなどの種類があります。

uqwomen2

uqwomen1

このセーター、とてもしなやかな生地なので、感覚過敏で着れないという可能性は限りなく低いでしょう。

しかも、大学生から中高年まで誰にでも似合う定番アイテムなので、手軽かつ安価に、今風のファッションに取り入れることができますよ。

おそらくこの記事を書いている次の年、2017〜2018の冬や、2018〜2019の冬にも問題なく着れると思うので、買っておいて損はありません。

もちろん、春先や秋にも使えるので便利です。

感覚過敏を怖がらずユニクロのセーターを着よう

感覚過敏がある大人の発達障害者はセーターを敬遠しがちですが、ユニクロのセーターなら大丈夫な可能性が高いです。

まずは食わず嫌いせず、試しにセーターを着てみませんか?

すっぽりと被るように着るだけでいいので、毎日の着替えもとても楽になりますよ。

店舗に行くのが面倒なときは通販購入もOKです!

大人の発達障害者におすすめの就労移行支援・求人紹介サービス

1.ラルゴ高田馬場

ラルゴ高田馬場は、就労移行支援・求人紹介、そして子どもの発達障害のための放課後等デイサービスまで、総合的に障害者支援を行っている事業者。 求人紹介可能企業は600社以上。 もちろん就労移行支援でのスキルアップやメンタルのトレーニングも可能なので、安定就労への道がぐっと近づきます。 ラルゴ高田馬場 公式サイトはこちら

2.アットジーピー転職

アットジーピー転職は、10年以上の実績を誇る障害者転職サービス。 もちろん、精神障害者・発達障害者の転職にも対応しています。 障害への配慮を前提とした、職場への定着を念頭に置いたサポートを受けることができますよ。 ※手帳を持っている方限定のサービスとなります。 アットジーピー転職 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加