発達障害のある人の特徴

未分類

発達障害の特性まとめ

 発達障害は、三つ組みの障害といわれます。社会性の障害、コミュニケーションの障害、想像力の障害があるということを意味しています。

社会性の障害

  • 上級生や下級生との関わりは可能であるが、同年齢の人との関わりが難しい
  • 相手の気持ちや状況を考えない言動が多い
  • 人の感情や気持ちの理解が難しい
  • 場の雰囲気、求められていることを理解しづらい

コミュニケーションの障害

  • 冗談が通じず、真に受けて深刻になる
  • 人の気持ちを想像することが難しい
  • 自分の関心があることを延々と話し続ける
  • 言葉の意味をきちんと理解していなかったり、字義通りの解釈をする
  • 言葉の裏の意味が分からない
  • 人の表情や、声のイントネーションを読み取ることが出来ない

想像力の障害

  • 同じ行動を繰り返し、変化を嫌う
  • 初めての場面、見通しが立たないことに不安を感じる
  • 目に見えないものを理解することが難しい
  • 人の表情を読み間違えて、怒らせたと勘違いする

発達障害の特性がある人の感覚過敏

発達障害がある人には、感覚刺激への反応に偏りがある場合があります。

視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚、痛覚などに鈍感さや敏感さがあると言われています。

  • エアコンの音、電車の音など、環境騒音が頭に入ってきて気づかないうちに疲れている
  • 眩しさに苦痛を感じやすく、蛍光灯の光で疲れる
  • 固い食べ物を嫌う、特定の味を好む、舌触りに敏感で食べられないものが多い
  • 人の体臭などを好み、頻繁に嗅ごうとしたり、柔軟剤の匂いや香水などを極端に嫌う
  • 後ろから急に触れられると驚き、怒り出す、特定の感覚を好む
  • 厚さに弱く、エアコンがないと集中が難しい、寒さに鈍感で冬も薄着である

発達障害の特性が強い人が気を付けたほうがいいこと

 発達障害のある人は、幼少期から集団になじめず苦労したり、思春期には二次障害で過敏性腸症候群などの心身症、うつ状態になったりすることがあります。

 大人になってから発達障害が分かった人の中には、高校に通えなくなり通信制を卒業している人が少なからずいます。

 過去を遡って思い出すと、自身の発達障害について理解できる場合があるかもしれません。

 発達障害は、悪いことだという認識がある場合は、診断を否定したいという考えに至ることがあります。発達障害は、研究が進んでいる分野であるため、勉強していくとさまざまな手立てが分かり、日常生活が送りやすくなります。

 発達障害であることを悲観しすぎるのは、よくありません。気分によって落ち込むこともあるかもしれませんが、前向きに捉えるられる要素も、考えてみることをお勧めします。

発達障害であることを知っているから、研究結果や知識を利用するくらいの気持ちの方がいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました