発達障害の特性(ADHD不注意優勢型)

未分類

発達障害の特性

ADHD不注意優勢型の特徴

ADHD(不注意優勢型)の特徴
  • うるさいところでは、すぐに気が散り、仕事に集中できない
  • 仕事や勉強など、周囲と同じスピードでこなすことができない
  • 話の流れを追うことができず、会話についていけない
  • やる気はあっても、思うように物事が進まないことが多い
  • 仕事でミスが多い。事務作業では特にケアレスミスが目立つ
  • 本を読んでも集中できない。興味のない内容など、特に進まず、途中で投げ出してしまう
  • 人と話しているとき、他のことに注意が向いてしまう
  • 仕事をするときや、プライベートで出掛ける準備をするときなどでも優先順位をつけることが苦手である
  • 物を失くしてしまうことが多い
  • やるべきことをつい先延ばしにしてしまって仕事がたまり、期限が守れなくなる
  • 過去のことをいつまでも覚えていて、くよくよ考えてしまう
  • 旅行やイベントなど、当日の体調が予想できず、人と約束をすることにプレッシャーを感じる
  • 体調が急変しやすく、仕事や遊びでも人と一緒に行動することがこわいと感じる
  • 物忘れが激しく、覚えられない。数分前に聞いたことでも忘れてしまう。
  • 話し方や動き方がゆったりしている
  • ハイテンションになることはあまりない
  • 人付き合いが苦手である
  • 心身ともに疲れやすい
  • 完璧主義である
  • 急に予定が入ったり、変更になったりすると動揺してしまう
  • マルチタスクが苦手で、同時にやることが出来ず、一つのことしかできない。
  • 責任感や義務感が強く、自分一人でやらなければならないと感じやすい
  • 困っていても人に助けを求めることが難しい
  • 気分の気持ちや意見を言葉で表現して伝えることができない
  • いじめを受けたり、仲間外れにされたりした経験がある
  • ジョークが通じず、一人だけ笑っていない
  • 頼まれごとをすると、とっさに断ることができず黙ってしまったり、断ることが出来なかったりする
  • 人から嫌われることを恐れてびくびくしている
  • 片付けや整理整頓が苦手である
  • 静かな場所でないと、相手と会話しているとき声が聞き取れない
  • 雑談が苦手で、何を話していいかがわからない
  • 自分が何を言おうとしたか、何をしようとしていたか忘れることがある
  • 自分で考えて動いて成果を上げる仕事より、マニュアルのある仕事の方が得意である
  • 大きな音や強い光など刺激に弱い
  • お金の管理が苦手である
  • 空想している時間が多い
  • 独特な雰囲気とか、よく理解できないと言われたことがある
  • 感情的に怒ったり、急に落ち込んだり感情の上がり下がりの幅が大きい
  • 昔の嫌な出来事を昨日のことのように瑞々しく覚えていて、それを急に思い出して感情が乱れることがある

タイトルとURLをコピーしました